初心者必見!不動産売却で失敗しないための豆知識

OFF

初心者の方にとっては、不動産売却はわからないことばかりだと思います。

わからないまま理想だけを高く持っていると、足元を救われることだってあります。

ここでは、不動産売却で失敗しないよう、知っておくべき注意点をまとめています。

まず一番気を付けたいことは、高値査定を望み過ぎないことです。

不動産査定は、その土地や家屋を専門家が調査して「いくらで売れそうか」を判断するものです。

一括査定サイトで机上査定を依頼し、本格的な売却を考えだしたら訪問査定を受ける流れになりますが、出してくる値段を吊り上げすぎないことが肝心です。

相手は不動産のプロですから、出してくる査定額が実売価格とかけ離れているということはそうそうありません。

そのため、思っていたより低価格だったからという理由で文句を言っても意味がありません。

仮に高値にしてくれたとしても、実際に売れる価格はうんと下がります。

ただ、不動産業者の中には、お客さん欲しさに最初から高値査定をしてくるところも…。

もし想定以上の価格を出されたとしても、それを鵜呑みにせず、必ず価格の根拠を確認しましょう。

他には、売却期間をタイトにしすぎないことも注意です。

急にまとまったお金が必要になったなど、すぐに売却する必要がある場合は仕方ないですが、そうでない場合は売却活動開始から契約成立まで少なくとも1年程度は取ってください。

「すぐに売りたい」という意思を出し過ぎると、安く買い叩かれる可能性が高いです。

きちんと時間をかければ高く売れるものを、わざわざ安くする必要はありません。

内心短期決戦で済ませたくても、不動産業者にはそう見せないこともポイントです。

不動産売却においては、注意すべき点がたくさんあります。

売却活動の流れやポイントをしっかり押さえ、後悔のないように進めていきましょう。

This post was written by , posted on 10月 19, 2020 月曜日 at 5:17 pm

Comments are currently closed.